2017年4月8日土曜日

【地域起こし協力隊卒業】またね!の旅立ち。〜あき編〜

天候 晴れ
今歌 「君はともだち」トイストーリー

やっほー!!!!
大山にやってきてから、早いもので、ちょうど二年が経過しました。

ちょうど去年の今頃は、鳥取県大山町の協力隊を退任します報告をしてた頃ですね。
めちゃくちゃ驚かせてしまったけれど、周りのみなさんのサポートのおかげで、変わらず大山に残り、自分のやりたいことを少しずつカタチに出来ています。


そんな去年、協力隊観光部門として、まるまる一年ほぼ一緒に活動していたのがAKIこと坂口彰広ことアキ。実はそんなアキが、今年の三月いっぱいで鳥取県大山町を離れ、大阪へ帰ることになりました。

協力隊の同期で言えば、農業部門水野のせいちゃんに続き、大山を離れるのは二人目。
そんなアキを盛大に送ろう!!!!ということで、先日アキの送別会をしました。

今回は、写真で振り返るアキ旅立ちエントリーです。






初めての土地で、一緒にスタートラインを切る仲間がいる心強さ



あきと初めて会ったのは、地域起こし協力隊観光部門の面接前日。
そしてまさか初対面は温泉。裸の付き合いからスタートでした笑

はじめてアキと話した印象は、真逆だなーということ。
でもそれは性格が合わないとかではなく、特性が真反対なイメージ。
話しをしている時に、一緒にシゴトをしているイメージが湧いたのを覚えてます。
真反対だからこそ、めちゃくちゃワクワクしたのも覚えています。
面接が終わり東京に戻った時に、そのことを友達に話したことまで覚えています笑

地域起こし協力隊観光部門は、当初1名のみの採用だったのですが、甲乙付けがたいということで、結果として僕とアキの二人が採用されました。

地域起こし協力隊では、行政側や地域の受け入れ体制を整えることが非常に大事だと言われています。しかしそれ以上に…同じタイミングでスタートする仲間がいることはめちゃくちゃ心強い。

なぜなら、いつだって希望や不安を同じ目線ではなせるから。そしてそんな周りには見えない気持ちや想いを共有できる。それほど心強いことはありませんでした。




いつだって、関係性は、変わらない。



アキとは住居であるシェアハウスのまど間も一緒だったので、ほぼ一年間、仕事も生活も一緒でした。

大山の魅力がどうしたら伝わるか、どんな施策が大山に合うか、そもそも大山で何がしたい?!そんな大山のことを朝から夜まで考えては話して、考えては話して、そして実際行動してみて、また考えては話して。今思えば四六時中一緒に、どういうことができたら面白いかを話し合っていました。

お互い妥協ができないタイプだからこそ、納得するまで話し合って、結論が出ない日が続いた夜も何度もありました笑
でも何かを一緒に本気でやるっていうのはそういうこと。

たとえ、周りから見えないところでも、ぜったいに自分たちにだけは妥協してはいけない。その根本にある大事にしている『自分に嘘をつかない』ところが一緒だったからこそ、そこをベースにして特性の違いを活かしあえたのだと思います。

アキとの時間がなければ、こんなにも早く大山で自分がやりたいことを明確にできていなかったとさえ思います。いま思えば自分には、絶対に必要だったと思える時間でした。


ちなみにアキが旅立つ前に、想い出話しなんかをしていて…
地域起こし協力隊当時の観光担当であった國野さんのはなしで盛り上がった。

地域起こし協力隊赴任してすぐに、國野さんが大山周辺を案内してくれたはなし。
めちゃくちゃ大山への愛が伝わってきて、その時に本当に好きだからこそ伝わるものがあるんだって一番最初に気付けたのが大きかったよねと。

大山を案内してくれた誰よりも、大山の愛を感じたねーと。きっと大山に来てスグに書いた下記Blog記事の「みんな」の芯にあったのも國野さんの想い。


動いてみてまだまだ、一週間ですが、
出逢う人出逢う人、みんな大山が大好きです。
話してみるとみなさん良くしたいと言う想いを持っているのを感じます。
だけど想いを動かす時間がない。想いを動かす術がない。みなさん言います。
今日町長と地域おこし協力隊観光部門の打ち合わせでお話しさせて頂いた際に、「観光については、想いが想いのまま動かない。」(※ニュアンスの捉え方は人それぞれかと思います。)
と、ぽつんと一言おっしゃっていました。

その時にピンときました。
難しいことは考えなくていい。
大山が大好きなみなさんの想いを形にする仕事が、自分の仕事なんだ。
その想いを、自分なりの形で表現するために、ここにきたんだと。

やってやります!!!!
観光の知識やノウハウは何もありませんが、想いが乗った時の行動力は誰にも負けません。
現状の知識や能力で全てが決まる世界じゃないってことを証明する。
いつだって見えない未来にワクワクしたい。
未来は、自分の手で変える。
一緒にワクワクしたい人は、ぜひ大山へ!!!!!!!!!

(引用元:『移住 〜東京都世田谷区から鳥取県大山町へ〜』 


Blogにも書いてますが、大山が大好きなみなさんの想いを形にする仕事が、自分の仕事。
その想いを、自分なりの形で表現するために、ここにきた。
アキと一緒に少しづつ試行錯誤しながらカタチにしていく作業はとても楽しかったです。

協力隊二年目からは、僕は協力隊を辞めて別々の道を走ることになりました。
でも見据えてる方向性は同じだから、特に関係性が変わることもなく。

きっと大山を離れても、それはおんなじ。何も変わらない。
変わるのは場所だけ。

これからもお互い、別々の場所で切磋琢磨しあいましょう。
これからもずっとよろしくね!!!!
それでは、当日の写真振り返り。



アキ送別会写真集



まずはみんなで乾杯!!!


みっつとさおりちゃんと、みのりくん。


さんちゃーん!


ひろぽんとみのりくん!

せいちゃんとみのりくん!


さおりちゃんとみのりくんと自分!


実はこの日みっつの誕生日もお祝い!
おめでとう!!!!

ナイスな集合写真!!!
撮影はかわちゃん!


そしてこれがみんなの素を引き出しまくってる
ナイスすぎる集合写真!良い笑顔すぎるでしょ!!!
最高な一枚!!



以上、アキ送別会写真集でした!



PS…
実は今回のアキ送別会の主催者はせいちゃんです。
そう、あの岐阜に帰ったせいちゃんです。
(関連記事『【地域起こし協力隊卒業】またね!の旅立ち。〜せいちゃん編〜』)

アキが協力隊を辞めることを聞きつけてスグ連絡がきました。
友達想いすぎて感動した、そして岐阜から駆けつけるという。
せいちゃん本当にありがとう。アキ愛されすぎてる笑

こうやって大山を離れてもみんなが帰ってくる場所はある。
おれは大山にずっといるので、またいつでも帰ってきてねー!
それでは最後は、昭和の文豪でおわかれ。アキまたねー!!









2017年4月1日土曜日

ありがとう。


この文章は、『いまの感情を書き残しておきたい。』
ただそれだけの想いで、書き記す文章です。

自分のための文章なので、そのあたりあしからず。

3月30日(木)の夜、やすみさんが亡くなった。
平澤牧場で出会い、大山にきてからとてもとてもお世話になった人。

僕が地域起こし協力隊を辞めたあとも、地域に残り活動できる心の拠り所になったのは、やすみさんと平澤さんのふたりがいたから。

平澤牧場に安見さんの知り合いが遊びにくると、
「まーしーっていうんだ。家族みたいなもんや!!ワハハ!」
と、いつも紹介してくれていた。

ぼくが協力隊を辞めてからは、
安見さんは、大丈夫ラーメン(いつも大)や、うまいチャーハン(大盛り)を作ってくれて、「まーしーからは、金はとらん!!」と言って、一切お代をうけとろうとしなかった。

「家族からはお金はとらん!」とかたくなだった。
平澤さんも「若者を応援するためにいるんだ!助け合い!」と言って、毎日ごはんを作ってくれた。

僕が地域起こし協力隊を辞めたあとも元気にやってこれてたのは、実はそういう理由だ。
めちゃくちゃ助けられてたから、いっぽいっぽ進めてたんだ。

この一年は、安見さんと、平澤さんと一緒に過ごす時間がとても多かった。
「家族みたいなもんだ」と言ってくれたように、
本当に昔から知ってたみたいに一緒にいると落ち着けるし、楽しい時間だった。

そんな安見さんの病気が発覚したのは、去年の年末。
末期の癌。その時点で余命は2〜3ヶ月との診断だった。

そこからは、安見さんの意向で民間療法(温熱療法・無農薬にんじんジュース・気功)で癌と向き合った。もちろん痛み止め薬は使いつつ。

近くで安見さんの生き様を見ながら、「これが生きることなんだ」と何度も思った。

信じられないかもしれないけど…
三月に入ってからは、陶芸もしていた。
力がなくなっているので、僕が道具を持ちながら、二、三日おきに陶芸の作業を一緒にした。夏に向けての話しも一緒にした。

直前で体調を崩れて実現できなかったけども、
三月のまぶや一日店長では、「大丈夫ラーメンをもう一回一緒にやろう!!」と、直前までメニューの見直しなども一緒にしていた。

こんなの本当に一部。近くにいると感じる力。
いまこの瞬間を生き切ってる。

いままで自分が向き合ったことのある大切な人の死は、ぜんぶ突然にやってきた。
そのときにいのちは、いつなくなるかわからない。
だからこそ、今を生きなきゃいけない。それが、生きる根本の指針になっていた。

こうして大切な人に死が、せまってくる。
こんな死との向き合い方ははじめてで…
正直なにをすればいいのか分からなかった。

ただ安見さんへの”ありがとう”の気持ちを、言葉ではなくて行動であわらそうと思った。
さいごのさいごまで、「ありがとう」は言えなかった。
未来を向いて今を生きようとしている安見さんを近くで見ていたからこそ、言えなかった。

自分の中で「ありがとう」を言ってしまったら、未来を向いている安見さんの糸を切ってしまう気がして言えなかった。
安見さんの立場になって、必死に生きようとしている時に「ありがとう」はなんて聞こえるか考えた。きっと「さよなら」に聞こえるんだ。それってきっと悲しい。
だから、言えなかった。

亡くなる少し前、これが会える最後だと思って、平澤さんと川ちゃんと安見さんに会いに行った。
いつも通り平澤さんのことばに「うるちゃーい」とおどけてたり。
まだまだ目は強く芯があって、意識も少し合って、でも確実に弱っていて。

これが最後だと思っても、やっぱり安見さんを目の前にすると「ありがとう」を言えず、手をギュッと握りながら最後に言えたのは「またきます!」のひと言。

その日の夜、くるまで帰り途中そんなはなしを川ちゃんとしてて
『きっと「ありがとう」と言っても、やすみさんは悲しまんと思うよ。』とひとこと。

そうだな、そうだな。感謝は、感謝として伝えれば良い。
「さよなら」の「ありがとう」ではなくて、
「ありがとう」の「ありがとう」を伝えれば良いんだ。

今までのありがとうを伝える。

そして明くる日、こんどは一人で病院に安見さんに会いに行った。
家族面会のみの中、安見さんの弟さんが会わせてくれて。

会いに行くと、
それまで寝転がっていたのにむくりと起き上がってくれた。
もう身体が限界がきてて、でも目は生きてる。澄んでる。前向いてる。
やっぱりすごいと思った。すごい。

そして手を強く握りながら、
今度は何回も「ありがとう」を言った。何回も。

その日の夜に安見さんは亡くなった。

死が、せまってくる。その時に本当の人の生き様がでるのかもしれない。

今まで、いつ死ぬか分からないからこそ、今を全力で生きるんだ。
そうおもってた。そう思って、今を生きていた。

でも、もしかしたら違うのかもしれない。

いつ死ぬか分からないからこそ、今を生きるんじゃない。
いつだって生き切るからこそ、今を生きれるんだ。

だから、きっとやすみさんに後悔はない。
だって、いつだって生き切ってたから。

すごい生き方だ。近くで見れて幸せだった。
本当に本当にありがとうございます。

短い間でしたが、とても濃い実り多い時間でした。
家族みたいに暖かく受け入れてくれてありがとうございます。
やすみさんに出会えて最高に幸せでした。

生き切るからこそ、今を生きれる。
これからの人生の糧にして、
安見さんが認めてくれた今の自分で、とまらずいっぽいっぽ進み続けます。

本当にありがとうございました!!!!!
天国でも悪ふざけしながら、見守っててください。





2017年3月26日日曜日

【東京遠征第三弾】「バザールでしゃべーる 」都会の小商い、地方の小商い @バザール千駄木

天候 晴れ
今歌 「CLIMAX NIGHT」Yogee New Waves

やっほー!!!
今日も鳥取県大山はいい天気。
3月4月は気候が安定してきて気持ちがいい。

今回は東京遠征第三弾です。
第一弾、第二弾に引き続きイベントの感覚を忘れないうちに書き残しておかないと。
それでは、さっそく登壇イベントおさらい。


①鳥取だからできること。〜起業家志望者へ贈る、地方起業のリアル 〜
日時:2017年3月17日(金) 18:30-19:30
会場:The Roots( 東京都 渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館 303)
参加費:無料
▷関連記事『【東京遠征第一弾】鳥取だからできること。〜起業家志望者へ贈る、地方起業のリアル 〜@The Roots


②【大山三幸】〜中国地方最高峰大山の魅力を知る〜
日時:2017年3月19 日(日)  16:00 - 21:00
会場:とっとりおかやま新橋館(東京都 港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス1F/2F)
参加費:無料
▷関連記事『【東京遠征第二弾】大山三幸〜中国地方最高峰大山の魅力を知る〜@とっとりおかやま新橋館


③「バザールでしゃべーる vol.3 」都会の小商い、地方の小商い feat. Local Champloo
日時:2017年3月20日(月)  19:30~22:30
会場:バザール千駄木(東京都 文京区千駄木3-46-1)
参加費:2000円(フードあり)


今回は、第三弾。3月20日実施された『③「バザールでしゃべーる vol.3 」都会の小商い、地方の小商い feat. Local Champloo』のイベントレポート。






イベントテーマ&ゲスト紹介


今回のイベントテーマは、『小商い』。
『小商い』の定義は、『自分のできる範囲で、自分の納得のいく働き方をすること』。
(定義引用:鈴木雅矩 著者『京都の小商い』)

何かを始める際に完璧を求めて踏み出せなくなるよりも、
まずは自分のできる範囲で、自分の納得のいく働き方をしてみては。

実は始めちゃえば、そこから動き出してくることの方が多かったりする。
始めるからこそ、見えてくるものもある。

そんなヒントになるかもしれない『小商い』の実践者として、今回ゲストに呼んでもらいました。
今回のゲストは3名、順番に紹介!


◤しゃべーる◢ 稲増 祐希さん

都会の『小商い』の実践者として、ニャラちゃんこと稲増 祐希さん。



フリーランスの方はお世話になっているであろう日本最大級のクラウドソーシングサービスを運営している株式会社クラウドワークスのIR・広報室の広報担当。
(関連サイト『日本最大級のクラウドソーシング – クラウドワークス « エンジニア・デザイナーのクラウドソーシング』)

会社が、副業OKになった経緯から、やりたいことであったカフェ『NyaraCafe』を週末限定でOPEN。
今回はそのカフェの話しを中心に『小商い』について語ってくださいました。


◤しゃべーる②◢ 佐々木正志

地方の『小商い』の実践者としては、僕がお話させて頂きました。




地域起こし協力隊を一年で辞めて給料がなくなり、更に資本もないにも関わらずOrangeBox,OrangeTrip等多数の事業をスタート。そこにはまさに『小商い』の要素が見え隠れ?!
資本がないにも関わらず、なぜ事業をスタートできたのかについて、しゃべくり。東京遠征第一弾と、内容は似てますが、より深堀してしゃべくりました。


◤しゃべーる③◢ 公文咲希 さん

そして特別ゲストとして、京都のCAFEポルボロン店主、公文咲希さん。



くもんさんは、たまたま東京に用事があったので、イベントに顔を出してくれました。
それにも関わらず、当日はOrangeBoxの大山野菜を調理してくださったり、『小商い』からステップしてCAFE経営をすることになった経緯などもお話してくださいました。

◤ファシリテーター 大見謝将伍

進行役はジャミーこと大見謝将伍。



今回のイベント主催者であり、ゲストに呼んでくれた張本人。

以前住んでいたシェアハウスのまど間での企画・ブロガーインレジデンスで出会い意気投合。ちなみにブロガーインレジデンスとは、ブロガーに短期滞在してもらい大山周辺に関することを記事として発信してもらう企画。

そして実は、大山に訪れた際に、僕が主催しているイベント『DAISEN PARTY in大山町平澤牧場』にてゲストバーテンダーとして協力してもらったこともあります。イベントでは、大山で集めた素材を使って、美味しいカクテルを作ってもらい大好評でした。

フリーランス(企画・編集・執筆)として活動をしながら、「つたえる、つなぐ、まぜる」をコンセプトに、地域に根付いた「はたらき方/くらし方」の研究プロジェクト「coqktail/カクテル 」を主宰。その他「おきなわ移住計画」代表、「マチノコト」ライター、「焦点街」編集長などなどカナリ多彩に活動しています。

今回は、僕が東京に来るタイミングに合わせてイベントを企画してくれました。
ジャミー本当にありがとう!



「バザールでしゃべーる vol.3 」はじまりはじまり。


会場はバザール千駄木。



バザール千駄木は、0.5坪/三角形のお店に、個性豊かな出店者がつどう、小さな商店街です。出店者は、自分が一押しできる「モノ」や「体験」を販売しており、まさに『小商い』を体現しているスペース。



今回は、バザール千駄木閉店後の時間を使用してのイベントでした。
バザール千駄木について興味ある人は、ぜひ下記関連記事をチェックしてみてください。

それでは当日の振り返り。

◤第一部◢ 乾杯

え?トークは?!と思った皆さん。実は今回のイベント、まずはみんなで乾杯して飲みながらゆるーくおしゃべりするところからはじまります。ゆるい雰囲気、居心地とても良い!



イベントのお酒はバーテンダーであるジャミーが、その場でオリジナルカクテルを作ってくれます。完全オーダーメイド。


ジャミーのお酒飲みたい人は、バザール千駄木『カクテル商店』にぜひ行ってみてね!


もちろんお酒のお供おつまみも。


美味しいおさけと、美味しいおつまみで話しもススム進む。



場の雰囲気もいい感じに出来上がってきたところで…


◤第二部◢ しゃべーる!

場の雰囲気もいい感じになったところで、ゲストのしゃべーるタイム。

まずはこの不動産のオーナーであるスガさんが簡単にご挨拶。
スガさんがいるからこそのバザール千駄木なのかもと、イベント後お話させて頂いて思いました。



そしてジャミーの司会進行により、しゃべーるタイムはスタート。
今回のテーマ『小商い』の定義を、冒頭でしっかり説明。
イベント冒頭で、トークテーマの定義を参加者のみなさんと共有することは、とても大事。『定義』を共有することで、同じ文脈で話すことが出来る。

話しの軸となる『定義』が共有できていないと、トークしていく中で、聞き手により様々な解釈が起こり、結果として伝えたいことが伝わらなくなる場合も。

そういう意味で、「ナイス定義!!!」と心の中で思っていました笑




佐々木正志が、しゃべーる。

プレゼンする場合には、最初の入りがとても大切。
自分が何者なのかを分からない人達に向けて、理解してもらわなければいけません。そのため、いつも自己紹介の時間が比較的長くなります。そこでしっかり自分が伝わらないと、そのあとの話しは頭に入れてもらえないでしょう。

しかーーし、今回のイベントの絶妙なところは、最初に乾杯タイムがあるところ。そのため、お互い少し知れる時間があるんです。

その時間があるからこそ、
プレゼンする側からしたら、非常に話し易かったし、
参加者の方も、いつもより話しが入ってきやすかったのでは、と感じました。

そういう意味で、イベント設計絶妙すぎた。


大山のどんなところが魅力なのかを、しゃべくりまくった。
ひと言にまとめると「季節のグラデーションが、一回で味わえる漫画みたいな場所」。



ニャラちゃんが、しゃべーる。

現在、株式会社クラウドワークス IR・広報室の広報担当しているニャラちゃん。
会社が、副業OKになった経緯から、やりたいことであったカフェ『NyaraCafe』を週末限定でOPENしました。

そんなニャラちゃんの副業カフェ基本スタンスは、本業に影響を与えないこと。

ニャラちゃん「既存のカフェで土日に働くこともできただろうけど、それだと本業で急用が出来た際に対応ができない。自分でやってしまえば、自由に決めれる!!だからこそ、週末限定で自分のカフェを開きました。」

もちろんカフェを開くのには、協力者も必要。カフェ&コワーキングスペース「In the Rough」を借りることによって、週末限定カフェが可能になっています。

いやーこれぞまさに、『小商い』。
自分のできる範囲で、自分の納得のいくカタチではじめてみる。

もしかしたら、何かを始めるときに一番のハードルになるのは、『はじめるからにはちゃんとやらなくちゃ!』という自分の気持ちなのかも。
難しく考えすぎないでオッケー。やりたいなら、はじめちゃおう。

今度東京帰った時には、『NyaraCafe』一緒に行ってくれる人募集!




 公文さんが、しゃべーる。

続いては、京都でCAFEポルボロンを経営している公文さきさん。
公文さんは、もともと東京都の小学校に勤務していましたが、カフェ開業を志し、2013年3月に退職。接客を学ぶため京都の旅館で仲居修行後、福岡に戻りカフェで厨房ホールも経験。
2015年12月に再び京都に戻り、週末限定でカフェを始めます。
そして『小商い』を経て、「CAFEポルボロン」をオープンするに至ります。

そんな経緯や、カフェへの想い、公文さんの仕事に対するスタンスなどなど
本日イキナリゲストを頼まれたとは思えない程、熱量ある言葉を語ってくれました。



以上、しゃべーるタイムを簡単にまとめてみました。

◤第三部◢ たべーる!


さぁしゃべーるタイムが終了したあとに残っている物は?
そう!たべーーーーーーーーーーる!!!!!!おなかすいた!!

今回はOrangeBox鳥取県大山産の野菜&豚肉を、CAFEポルボロンの公文さんが美味しく調理してくださいました。
(関連サイト『OrangeBox』)



こちらの野菜たちが、美味しい姿に大変身!


そして、ジャミーは美味しいチャンプルを。
大山の食材や、地域の食材を混ぜ合わせたチャンプルの出来上がり。



第三部は、美味しいお酒に、美味しいごはん。
最高の時間でした。



わたしとあなたの『最初の一歩』



イベントを通して、参加者の方々とも密にお話ができて本当に楽しい時間でした。

吉友さんや、堀田さん、かみさまは大山まで足を運んでくれそうだし、
(お話したメチャクチャ美味しいお寿司やさんここです▷『【山の幸・海の幸・人の幸】ここだけは外せない! 秋の大山満腹コース三選!』)
いずおさんが、鳥取や大山に興味持ってくれたの嬉しいし。
小林さんとはまたどこかで会いそうな気がするし、
うさこさんには大山の米粉と食材を使って大山サンド作ってもらいたい。
そしてその大山サンドを持って、東京で大山ピクニックをしたい笑

ジャミーとバザール千駄木を運営しているHAGI STUJIOキクちゃんは、なぜだか長い付き合いになりそうな気がしてる。

なんかこうやってゆるーーく繋がる空間がすき。

『名刺交換会』みたいな出会うことや、ビジネスに繋がることが目的の場とは違う。ゴールが決まってる出会いほど、つまんないものはない。

それこそゆるーく繋がるからこそ、次への余白がたくさんあるからこそ、出会った人に合った繋がり方ができる。

『小商い』の「小さくはじめる」にも共通する部分があるな、と。
その会の目的(ゴール)が設定されてないからこそ、自分たちに合った関係性を作れる。それが、「わたし」と「あなた」にとって、ちょうど良い『最初の一歩』なはず。

偶然が好きなジャミーらしい最高のイベントでした。
ジャミー本当に呼んでくれてありがとう!!!!!



あとがき
イベント後飲み屋さんでの、オーナースガさん、ジャミー、キクちゃんの掛け合いを見ていて、良い関係性だなぁとしみじみしてた。
千駄木にルーツがあるスガさんは、若者と一緒の目線に立って、若者を信じてる。地域に根ざしている人の寛容さが、地域を面白くしていくかどうかを大きく左右するのかも。
千駄木バンザイ!またきます。



今回紹介したいところ



バザール千駄木
ところ:東京都 文京区千駄木3-46-1



NyaraCafe
ところ:東京都 杉並区西荻北2-37-8 西荻ゴルフセンター1F




CAFEポルボロン
ところ:京都市下京区東若松町795-2