2016年11月10日木曜日

【山の幸・海の幸・人の幸】ここだけは外せない! 秋の大山満腹コース三選!

天候 快晴
今歌 「静かな日々の階段を」Dragon Ash

やっほー!
みなさんご存知どうも大山マスターです。(誰だよ!)
ツッコミは何も聞こえません笑
【DAISEN TRIP】秋の大山満喫コースはこちらで決まり!!
を先日更新しましたが、ちょっといじわるな内容だと感じたので内容を補足します笑
昨日のBlogのナカでこんなことを言っていました。

場所と人だけで関係性が完結してしまう場所が、いわゆる有名観光地です。だからこそ、その場所に訪れることが目的になる。正直そこには、勝手に訪れてくれればOK!なぜなら、場所との関係性のみで楽しみが完結してしまうので、自分がいなくても楽しめるのです笑

勝手に訪れればOKなのは変わらないのだけど、それならしっかり場所を紹介してあげないと不親切ですよね笑
ちなみに、この「場所との関係性のみで楽しみが完結しちゃう場」には、二種類のものがあります。
一つは、有名観光地。例えば鳥取で言えば、その典型的な場所の一つは、鳥取砂丘。そして秋の赤く染まった大山もそこにあたります。それだけの魅力があるからこそ、あれだけひとつの場所に人が集まります。何もしなくても、その場所を目的に人が集まります。
そしてもう一つは、ガイドブックには載っていない魅力的な場所です。魅力的な場所というのは、”ひと”によって価値観が異なるので、いちがいに全員に当てはまるということではありません。
しかーーし、今回はせっかくなので、東京から大山に移住した僕だからこそ感じる魅力的な紅葉スポットを紹介。そして訪れたからには、ぜひ行ってもらいたい大山エリアの食を堪能できるお店も併せて紹介したいと思います。

紅葉見にいくだけではなくて、ごはんも食べに行っちゃおう!
景色と食で、こころもおなかも満腹に。
名付けて、秋の大山満腹コース
※大山の紅葉の見頃は、10月下旬〜11月上旬。今週がラストチャンスですよーレッツゴー!




ここだけは外せない!
秋の大山満腹コース三選。


①豪円山のろし台(大山北壁)▷山楽荘 精進料理

大山が誇る紅葉スポット。豪円山のろし台は、我らが誇る大山北壁が大パノラマで見渡せる絶景スポットの一つです。日本とは思えないような風景です。だいぶ赤く色づいていますが、下記は11/7に撮影した写真です。今週冷えてもし雪が残るなんてことがあれば、雪と紅葉がコラボレーションした姿が見えるかも。(本日ふりました笑)

秋の豪円山のろし台


豪円山で紅葉をじっくり楽しんだあとは、大山エリアの””の幸を味わえる山楽荘へ!なんと大山で採れる山菜を使った山菜精進料理を食べれます。しかもこの精進料理は、大山の土地がらゆえ生まれた料理です。大山寺エリアは、標高800m以上の高地にあり、気温が低いため田畑ができません。一般的な畑の食材を使用する精進料理ができないため、山の幸・山菜を独自の方法で保存して使用する山菜精進料理がうまれました。大山の自然と、その知恵が受け継がれた料理をぜひあじわってみてください。
ぼくは何度も食べに行っていますが、何度行っても驚きがあります。
身体と心を調えてくれる精進料理。女性に超絶オススメですが、男性でも十分お腹が満たされるボリュームがあります。価格は3,000円(税別)〜、予約は忘れないように。

精進料理

□「豪円山」から「山楽荘」への行き方

(※画像をクリックするとGooglemapへ飛びます。)





②ミルクの里 道なりエリア(伯耆富士)▷郷の鮨 たむら

実はここ穴場の紅葉スポットだと勝手に思ってます。ガイドブックにものってないし、絵的にめちゃ良い写真がとれちゃいます。ミルクの里に車を止めてそのまま5分程道をくだってください。そうするとこんな写真が撮れちゃいます。ドカーーーン!




何が良いかって牛も一緒に撮れちゃうこと。こんなに綺麗に紅葉と牛が撮れる場所はそうそうないです。そして伯耆富士ど真ん中!!これぞガイドブックにはのってない魅力的な場所。そして大山をまわりまくっている僕だからこそ気づけた場所。
そしてミルクの里道なりエリアで紅葉を楽しんだあとは、ひたすらその道を車でくだってください。そうするとポプラの横に、驚く外装のお寿司やさんが現れます。そこをくぐるとワンダーランドへ。
その名も「郷の鮨たむら」。
こちらでは、大山エリアである日本海の””の幸が味わえます。美味しいと思ったことがないネタまで全て美味しい!ネタの大きさ、身の締まり、シャリ加減全てが想像以上。これだけハードルをあげて友人を連れて行っても、軽くそのハードルを飛び越えちゃいます。それでもってお昼は、ランチセット(鮨8缶&お吸い物)、海鮮丼ともに1.000円という驚きのコストパフォーマンス!奇跡の鮨屋です。
こちらも席数が限られているので、予約オススメします。

たむら外観

海鮮丼

□「ミルクの里道なりエリア」から「郷の鮨 たむら」への行き方

(※画像をクリックするとGooglemapへ飛びます。)



③鍵掛峠(大山南壁)▷森のスープ屋cinema valley

大山北壁・伯耆富士に続いては、大山南壁の紅葉を堪能できる鍵掛峠をご紹介。大山エリアの紅葉名所として昔から知られているのが鍵掛峠。豪円山のろし台からの大山北壁とはまた違った魅力がありますね。大パノラマ写真どうぞ!


写真をみて頂いて分かるように、かなりの車と人が密集しますので、土日以外や日中などのピークを避けて見に行ってみるのがいいかもしれません。
紅葉スポットの中でも鍵掛峠は標高910mと高地に位置するためかなり冷え込みます。防寒対策もしっかりしてきてくださいね!
そんな冷えた身体にとっておきのスープ屋さんをご紹介します。
大山エリアに2016年10月31日にOPENした森のスープ屋「cinema valley」です。このスープ屋さんのオーナーであるかずぅさんの人柄に触れるだけであったまってしまうことでしょう。スープの食材・素材は、かずぅさんが慕っている方から調達しています。山楽荘さんが山の幸、たむらさんが海の幸ならば、cinema valleyには大山エリアの”ひと”の幸が集まっています。ひとの想いが詰まった旬の食材で、一期一会のスープを作ります。
まさに、心も身体も満腹に。ぜひ一度足をはこんでみてはいかがでしょうか?
人気のため、ご予約をオススメします。

かわいい入口

森のスープ
旬の野菜とスパイスを混ぜ合わせたスープ

11月10日からのメニュー
Orange Boxの野菜を使って頂いています。

□「鍵掛峠」から「cinema valley」への行き方

(※画像をクリックするとGooglemapへ飛びます。)



まとめ

秋の満腹スポット厳選3コースいかがでしたでしょうか?
の幸・の幸・の幸という切り口からオススメのお店も紹介させて頂きました。
そして、大山北壁、伯耆富士、大山南壁と異なるスポットからの紅葉。大山北壁は、大山町。伯耆富士は、伯耆町。大山南壁は、江府町。所属する町は違いますが、観光に訪れるひとにとって”町”の区分は関係ありません。そして観光事業者にとっても、また”町”の区分は関係ありません。
大切なのは、共走することにより、ホンモノの価値を共創していくこと。
ソトから入ってきた僕だからこそ、見えるものもあるのかなと思います。今回はそんな視点で魅力的な場所を大山エリアとして紹介させていただきました。今後も、点と点を線で結びながら、東京から移住した僕ならではの目線で、観光スポットを紹介していければと思います。
鳥取全体の魅力を伝えることは、【とっとりずむ】に任せて、ぼくは大山周辺の魅力を徹底的に発信していきます。それが僕だからこそ、伝えられること。その生の声である一次情報に価値がある。
秋の大山は、駆け足でラストスパートに向かっています。
そしてなんと!11/10本日大山に雪がふりました。
紅葉と雪、赤と白のコラボレーションが見れるのは今だけ!
まだ間に合う、あなたも駆け足で、ぜひぜひ大山へ足を運んでみてください!!!

今回紹介したところ

※ご予約は下記電話番号を参考にしてください。

山楽荘
ところ :鳥取県西伯郡大山町大山14 
電話番号:0859-52-2006




郷の鮨 たむら
ところ :鳥取県西伯郡伯耆町久古1042
電話番号:0859-39-858






cinema valley
ところ :鳥取県西伯郡伯耆町真野694
電話番号:0859-57-5774





0 件のコメント: